中学生からの英語では遅すぎ!?七田式7バイリンガルの特徴と口コミ

中学生からの英語では遅すぎる!?

英語教育は幼児期から始めるのがよい、早ければ早いほどよい、などと言われ小学校でも外国語活動が必修化されました。
英語活動をしている幼稚園や保育園などでも今では多くみられます。
なぜ早ければ早いほどいいのでしょうか?

  • 英語の発音の聞き分けが出来るのが6ヵ月ぐらいから
  • 6歳以降になると日本語の習得がはじまるため英語が阻害される
  • 幼児期は吸収する能力がずば抜けている

この理由から早ければ早いほどよく、遅くなればなるほど習得が難しくなります。
特に日本の教育は語学を習得させることが非常に困難な授業内容になっており、子ども達が好んで勉強しずらい環境でもあります。
そのような中で英語が身に付くでしょうか?
そして私たちは義務教育の中で英語が身に付きましたか?

答えはNo!!です。

今なら小学生から英語の教育を受けれますが、今までできなかった義務教育に期待するべきではありません。

本当に子どもに英語を話せるようになってほしいなら、早期に英語をはじめるべきです。

早期に英語をはじめることでデメリットとして

『日本語が上手く話せない』
『日本語の発音がおかしい』

などよく耳にしますが、日本に住んでいる限り日本語は嫌でも耳に入ってきます。
かりに幼児期に発音が変でも必ず治ります。
もしみんなが変になるなら英語教材に関して社会問題になっていなければ可笑しな話しです。

英語が子どもにとって重要だとお考えの親御さんは臆せずやってみるべきです。

ただし、無理にだけはさせないでください。
英語に子どもが興味を持ち、好きになることを目標として始めるようにしてください。

幼児期の英語教材の太鼓判!!7バイリンガル

この教材は英語教材で有名な七田式の子ども向け教材になります。

七田式の素晴らしいのはまず教育方針です。

七田は母子一体化を基本に、まずは愛情を伝えて、親子関係を良くすることから始まります。
いろいろな取り組み以前に、まずは心の教育を重んじています。
心が育つことで、自己肯定感が育ち、そのあとの取り組みがどんどん入っていくのです。
また、お子さまのその時々の成長過程に合わせて、取り組みを考えています。

七田チャイルドアカデミーHPより

親の愛情・親子関係これは英語に限らずあらゆる教育の中心になければならない事だと考えます。
どれだけ素晴らしい教材などに出会えても、これがなければ成果は出ないでしょう。

7バイリンガルのおすすめポイント

  1. 39万人以上45年という歳月をかけ完成した実績ある教材である
  2. 35日完結タイプで60~90日以内だと全額返金対応してくれる
  3. 教材が29,800円と無理の無い価格であること

大人向けの七田式7+Englishにはなりますが、楽天市場のランキングで3部門も制覇しており、商品レビューが1,700件以上ついている実績にある七田式。

七田式はフレーズのインプット・完全記憶にあります。

この記憶方法に七田式独自の方法が取り入れられています。

それは速聴(3倍速)で聴くことです。

はじめは普通に聴きその後速聴を行います。

これによりバイリンガルスイッチがオンになるそうです。

暗記と聞くと何かつまらなさそうなイメージがありますが、テキストや音楽にも工夫がされており、子どもがあきないようになっています。

実際に使った方の口コミが下記になります。

テキストを見ながら日本語、英語を聴いてリピートするという単純な繰り返しですが、聴く、話すのバランスが取れているとおもいます。
七田式英会話7バイリンガルは、何度も繰り返しても飽きない工夫がされているようで、うちの子は同じトラックを何回でも聴いています。
さらにCDやテキストの他にぬり絵が付いていて、それがお気に入りになっています。
ぬり絵をしながら聴いたりすることもできて繰り返しの回数が増ています。
そしてテキストの内容は、世界の国々についての話なので子どもの知識になるし、大人が聴いても興味深いものもあり親子で楽しめる教材です。
別にwebからアクセスできるコンテンツも付いています。
無料スカイプレッスンが5回あるので会話できるか試してみることができるのも楽しいものです。

七田式7バイリンガルの公式はコチラ
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする