砂場あそびは不衛生?砂場あそびのメリットとデメリット!

幼児教育に外せない砂場あそび

砂場あそびみなさんはしてましたか?

最近どこの公園にいっても見かけなくなってきてませんか?

昔はどこの公園にもあった砂場ですが年々減ってきているようです。

砂場あそびのメリット

砂場あそびのメリットはみなさんも一度は耳にしているのではないでしょうか?

改めてメリットについてご紹介します。

精神(情緒)の安定

砂場で砂いじりをすることで精神の安定がみられるようです。

砂いじりに限らず、水あそびなども同じ効果が得られると言われています。

手先が器用になる

砂場で遊ぶことで手先を駆使して遊びます。

特に道具などを使ったりすることにより、より手先が器用になると思われます。

創造力が身に付く

砂場であそぶときにどうやって遊びますか?

泥団子を作ってみたり、砂山を作ってみたり、砂山にトンネルを作ってみたり、水を流して川を作ってみたりしませんか?

これは子どもの創造力を高めるのに非常に効果的です。

さらに表現力も身に付き、器用さも向上するでしょう。

社会性が身に付く

砂場と言えば、公園や幼稚園・保育園にあります。

そうなると周りに必ず他の子どもがいるはずです。

砂場の広さには限りがありますし、周りの子どもと上手く協力しながら遊ぶ必要が出てきます。

人見知りが無い子どもであれば一緒に何かを作るかもしれません。

そういった気遣いや協力して何かを作るなど社会性が自然と身に付く場でもあります。

砂場あそびのデメリット

砂場あそびにメリットばかりだと世の中から減るわけがないですよね?

デメリットがあることで今砂場は減っています。

そのデメリットとは?

不衛生

公園から砂場が減っている原因はこれだと思われます。

みなさんも子どもの頃砂場で動物のフンや、花火のゴミ、ガラスなどのゴミが出てきた記憶はありませんか?

最近ではどこにいっても衛生面がきっちりしていて綺麗なのが当たり前になっている現代、どうしても懸念してしまいます。

子どもが小さければ小さいほど口に入れてしまう可能性があるので怖いですね。

周りの子どもとのトラブル

メリットに社会性が身に付くと書きましたが、常に上手くいくわけではありません。

我が子がいかに周りと上手く合わせてたとしても、相手の子どもが協調性がなければ上手くいかないことも出てきます。

子ども同士が上手く仲直りしても、相手の親から何かしら言われる可能性もあります。

その点としてはデメリットとして捉える人も多くいるのも事実です。

砂場あそびとの付き合い方

メリット・デメリットを簡単にあげてみましたがどうでしょうか?

子どもにとっては圧倒的にメリットの方があるのですが、大人としてはデメリットがどうしても気になります。

特に不衛生と言う面です。

  • 昔から砂場なんて不衛生なのだから気にしなくていい
  • 神経質になり過ぎ

と言われればそうかもしれません。

確かに昔からそんなものですし、よっぽどのことが無い限り問題が起こることはないでしょう。

ただし!!100%大丈夫ではないので、安全に利用できるように準備しておくといいでしょう。

砂場遊びの必需品

簡単にコレは必要と思える物を記載しておきます。

砂場あそびをさせるかどうかの判断材料にしてみてください。

  1. 除菌シートを必ず準備する
  2. 水場が近くにある公園を選ぶ
  3. 砂場がフェンスで囲まれているかを確認する
  4. スコップなど道具を使って遊ばせる
  5. 子どもの側に常にいて一緒に遊びながら危険が無いか注意する

とりあえず上記を参考にして砂場あそびにチャレンジしてみてください。

どうしても砂場デビューをさせれない方へ

砂場デビューがどうしてもさせてあげれない方へおすすめ

抗菌砂ちびっこサンド

名前のままですが抗菌砂で砂遊びが出来る商品です。

実際に保育園などで使用されている商品です。

砂と砂を入れるビニールプールのようなものがセットになった、一番安いセットで10,000円しなくて購入できます。

サイズも小さくマンションのベランダでも使用できるので衛生面など、親からすれば安心して遊ばせることができますね。

社会性という面では確かに物足りないかもしれませんが、他のメリットは十分に体感できるでしょう。

お庭のあるようなお家にお住まいの方であればより大きなセットを購入して、近所のお子さん達と遊ぶことも可能です。

値段的には正直安くはありませんが、子どもにとって安全に遊ばせるためと考えれば高くないのかもしれませんね。

公式はコチラ→抗菌砂【スリーエス】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする